Gradationについて

多くの方から見て「正解」とされる物事も、視座を変えれば「不正解」となる――ほんの少しのきっかけで、オセロの盤面のように「正解」と「不正解」が裏返る瞬間があります。

「白」「黒」を無理につけるのではなく、その間にあるものこそ大切にしなければいけないものがあるかもしれません。時代の節目、パラダイムシフトの瞬間にこそ、段階を踏んでグラデーションさせる必要があるかもしれません。

美しさとは、気持ち良いこと、心が揺さぶられること。整然として、清潔で、違和感を感じない不朽の「完成された美しさ」、整然としていなくて、醜くて、儚く脆い移ろいでいく「不完全な美しさ」。美しさもまた正解のない、グラデーションの中に存在します。

GradationではWebを中心としたコミュニケーションによるアプローチによって、あらゆる物事をグラデーションさせることを強みとして活動しています。

代表について

ジェノベーゼ寺崎 / Web業界11年目。 企画提案、デザインからシステム構築まで。得意分野はB2B、インナーコミュニケーションと a-blogcmsの構築。 @genovese115

お問い合わせ先

お問い合わせはこちら


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ